「思春期の臭い」の原因は何?効果的な対策はあるの?

思春期は性ホルモンの分泌が盛んになるため、男も女も体にさまざまな変化が起こります。子供の頃よりも体臭が強くなってしまうのも、そうした変化のうちのひとつです。「思春期は臭うもんだから仕方ない」と開き直ってしまえば楽かもしれませんが、悩み多き時期だけにそう簡単にいくものではないでしょう。なぜ思春期になると体臭が強くなってしまうのか、体臭を無理なく和らげるために効果的な対策としてはどのようなものがあるのか、説明していきます。

新陳代謝が活発な思春期はどうしても汗臭くなる

思春期は背が伸びたり、体のラインが変化したりするなど、盛んに成長している時期です。このため、既に成長が止まっている大人と比較すると、新陳代謝が活発になっています。これは、思春期は大人と比較すると、汗をかきやすくなっているということでもあります。

ただ、汗そのものに臭いがあるわけではないのです。もし汗に臭いがあるのなら、汗が充満しているサウナルームの臭いは大変なことになるでしょうが、実際はそのようなことはありません。人間の皮膚にはさまざまな細菌が住んでおり、中には汗に含まれている成分によって増殖するものもいるのです。この細菌の分泌物の臭いが、汗の臭いと言われているものなのです。

最初に書いたように、思春期は汗の量が多くなっています。これは、大人と比べて皮膚の細菌が繁殖しやすく、臭いの原因である分泌物の量が多くなっているということを意味しています。「思春期は臭い」のは、ある意味当然だと言えるのです。だからと言って放置しておくと、学校で「臭い」と言われてしまいかねませんので、何らかの対策が必要になってくるのです。

性ホルモンの影響による皮脂の増加もポイント

最初に書きましたが、思春期は性ホルモンの分泌量が急激に増加する時期です。この影響で、皮脂の分泌量が増えてしまうのです。男子の場合、そもそも男性ホルモンに皮脂の分泌量を増やす働きがあります。女子の場合は皮脂を減らす卵胞ホルモンと、皮脂を増やす黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンのバランスが不安定なため、皮脂の分泌量が極度に増える時期ができてしまいます。

皮脂が増えすぎると、酸化して臭いを発するようになるのです。頭の臭いは体の他の場所とは違っていますが、これは頭皮の皮脂の分泌量が他の部位よりも多く、皮脂が酸化しやすい環境だからです。思春期の臭いは、皮脂の多さも原因になっているというわけです。

ワキガは思春期になると症状が表に出てくる

思春期になると増えてくるのは、ワキガの悩みです。子供の頃はほとんど臭いがなかったのに、思春期になるとワキガの臭いが出てくるのです。これは、後天的にワキガになってしまったわけではなく、先天的な体質が成長によって表に出てきているのです。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、ワキガに関係しているのはアポクリン腺の方です。アポクリン腺の汗のみに含まれる脂肪やタンパク質を栄養にして増殖する細菌がおり、この細菌の分泌物がワキガの臭いなのです。ワキガ体質の人は生まれつきこのアポクリン腺の数が多く、細菌が繁殖しやすいため、臭いが強くなるのです。

子供の頃はアポクリン腺が十分に成長していないため、汗の量が少なく、臭いも強くなりません。思春期になってアポクリン腺が成長してくると汗が増え、細菌が繁殖しやすくなって臭いが強くなってしまうというわけです。

ワキガが目立つのは、日本人にワキガ体質の人が少ないためです。白人や黒人はワキガ体質の人の方が多く、目立たないということを考えると、気の毒な気もします。ただ、ワキガの人は体質ゆえに傷ついていますし、周りも良い思いはしていませんから、対策は必要になってきます。

「思春期の臭い」を和らげるための対策は何?

では、こうした「思春期の臭い」を和らげる方法としては、どのようなものが効果的なのでしょうか。まず、体を洗うことは重要ですが、洗いすぎも体臭を強くする原因となります。汗を増やす辛い食べ物や、皮脂を増やす脂っこい食べ物は、体臭を強くする原因となる可能性があります。ワキガの場合、思春期は手術をすることがおすすめできない時期なので、デオドラント剤を使用するか、医療機関でボトックス注射をしてもらうことで、臭いを抑えることになります。

体を洗いすぎるとかえって体臭が悪化する

体臭を抑えるためにはお風呂で体を洗うことは絶対に必要ですが、洗いすぎるのも考えものです。皮膚には臭いの原因となる悪玉菌だけではなく、悪玉菌を退治する善玉菌も住んでいるのです。体を洗いすぎると善玉菌まで退治してしまい、かえって体臭が悪化することもあるのです。

手軽に体を洗えるボディーソープには、洗浄力が強すぎるものが多く、洗いすぎによる体臭悪化の原因となりかねません。石鹸ならばボディーソープほどの洗浄力はありませんので、善玉菌が退治されにくくなり、適度に体臭を抑えることが期待できるのです。

辛いものや脂っこいものは食べすぎないようにする

辛いものを食べると汗が多く出ることを知っている人は多いでしょうが、そうでなくても汗が多い思春期ですから、さらに体臭を強めてしまう原因となりかねません。脂っこいものも、成長期には必要なものではありますが、食べ過ぎると体臭を強くしたり、ニキビを悪化させたりする原因となります。

いくら成長のために必要な栄養素だといっても「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。辛いものや脂っこいものは、必要以上に食べないようにしましょう。

ワキガ対策はデオドラント剤かボトックス注射で

ワキガ対策で最も効果的なのは、手術によってワキの下のアポクリン腺を取ってしまうことですが、思春期にこの手術を受けるのはおすすめできません。アポクリン腺の中に十分に成長していないものがあり、手術で摘出できずにワキガが再発してしまう可能性があるためです。実際、ワキガの手術は大人になるまでやらないことにしている病院もあるのです。

手術がおすすめできない以上、ワキガ対策はデオドラント剤を使用することになります。クリアネオやラポマインなどさまざまな商品がありますが、未成年の肌は敏感なのでかぶれてしまうこともあるでしょう。体質に合ったデオドラント剤のうち、効果が高いものを選ぶようにしましょう。

「デオドラント剤を毎日塗るのは面倒」という人におすすめなのは、病院でボトックス注射を受けることです。これはワキの下に注射をして、汗が出ないようにするものです。上でも書きましたが、ワキガの臭いの原因となる細菌は、アポクリン腺の汗に含まれる栄養素で増殖します。注射によってアポクリン腺の汗を止めれば、細菌が繁殖できず、臭いが抑えられるのです。ボトックス注射は1回数万円と高いですが、効果が半年ほど続いてくれるのがメリットです。

まとめ-対策は必要だけど必要以上に気にしないこと

長々と書きましたが、思春期に体臭が強くなるのは「当たり前」のことなのです。放置しておくのは周りの迷惑になるため、何らかの対策は必要でしょう。ただ、体臭を気にしすぎるのは精神衛生上良くありませんし、場合によってはあまり体臭が強くないのに「自分は臭いんだ」と思い込んでしまうようなことになるケースもあります。体臭を和らげるために十分な対策を取っているのなら「思春期は臭うもの」と開き直る方が、楽しい青春を送るためにはいいのかもしれません。