洗っているのに頭から臭いが!いったい原因は何?

頭の臭いというものは、鼻に近い位置にあるだけに気になってしまうものです。もちろん、周囲を不快にさせることがないように、毎日のように洗髪を行っている人が多いでしょう。ただ、頭をちゃんと洗っているにもかかわらず「臭い」と言われてしまったことはないのでしょうか。「シャンプーもトリートメントもしているのに、原因は何なの?」と悩んでいる人もいるでしょう。ちゃんと洗髪しているにもかかわらず、頭が臭ってしまう原因について、説明していきましょう。

頭から臭いが出る原因①-ドライヤーの使い方が良くない

頭髪を洗った後は、ドライヤーをかけている人がほとんどでしょう。もしドライヤーを使っていなかったり、使っていても十分に乾かしていなかったりする場合は、臭いの原因となっている可能性が高いです。体臭の多くは、体そのものから出るものではありません。多くの場合、皮膚の常在菌の分泌物が原因となっているのです。汗の臭いとされているものは、汗によって繁殖した常在菌の分泌物の臭いです。

髪を十分に乾かさないままだと、残った水分によって頭皮に細菌が繁殖しやすくなります。細菌が増えれば分泌物の量も増え、臭いが強くなってしまうというわけです。これではせっかくの洗髪が台無しです。お風呂から出たあとは、ドライヤーで頭髪をしっかりと乾かすようにしておきましょう。

頭から臭いが出る原因②-シャンプーの洗浄力が強すぎる

頭皮を十分に洗わないと臭いが残るのは当たり前ですが、洗いすぎても良くないのです。厳密に言うと、洗浄力が強すぎるシャンプーを使用していると、頭の臭いが強くなりやすいのです。

頭皮は、体の中で最も皮脂の分泌量が多い部位なのです。これは体の一番上にあり、紫外線などによって乾燥しやすいため、皮脂の分厚いバリアが必要となるためです。洗浄力が強すぎるシャンプーは、この皮脂のバリアを破壊し、頭皮の乾燥を招いてしまう可能性があるのです。

もちろん、体の方はこの状態を放置しているわけではなく、皮脂の分泌量を増やして対抗しようとします。ところが、皮脂の量が増加するということは、皮脂由来の臭いであるミドル脂臭や加齢臭を強くしてしまう結果になる可能性があるのです。洗浄力が強すぎるシャンプーとしては、ラウリル硫酸ナトリウムをはじめとする石油系の界面活性剤や、石鹸系の界面活性剤が含まれているものがあります。アミノ酸系界面活性剤が含まれているシャンプーなど、洗浄力が適度なものに切り替えるのが効果的です。

頭から臭いが出る原因③-食生活が偏っている

皮脂が増加する原因としては、食生活の偏りも挙げられます。一人暮らしなどで食事に気を使わず、脂っこいものばかりを食べていると、当然のことながら皮脂の分泌量が増加し、ミドル脂臭や加齢臭が強くなる可能性があります。

まず、食生活を見直して、脂っこいものを食べすぎていないかどうか確認しましょう。食事に問題点があるようならば、野菜の摂取量を増やすなどして、皮脂が減るように努めていきましょう。

頭から臭いが出る原因④-恒常的なストレス

多忙な仕事などで恒常的なストレスを受けていると、頭の臭いが強くなってしまうことがあります。これは自律神経と男性ホルモンの影響です。ストレスを受けると自律神経のうち交感神経の働きが活発になり、体は「攻撃モード」になります。気持ちを前向きにするために、男性ホルモンの分泌量が増えるのも、この一環だと言えます(これは男性だけでなく、女性にも起きることです)。

問題は、男性ホルモンに皮脂の分泌量を増やしてしまう働きがあることです。恒常的にストレスを受けている状態だと、男性ホルモンが多く分泌され続けることになり、皮脂の分泌量も増えたままになってしまいます。この結果、頭皮の皮脂が過剰になり、ミドル脂臭や加齢臭が強くなってしまうのです。

対策としては、いかにしてストレスを緩和するかが重要になってきます。ウオーキングやジョギングをはじめとする有酸素運動をするなどして、ストレス発散に努めるのがおすすめです。もちろん、汗をかいた後はちゃんと洗髪しておきましょう。

余談ですが、AGA(男性型脱毛症)を発症している人は、ホルモンの影響で皮脂の分泌量が増えています。このため、頭髪が多くなくても頭が臭いやすくなっているので、注意が必要になります。

まとめ-まずは洗髪が適切かどうかを見直してみよう

頭から臭いが出てしまうのは、自分ではちゃんと洗髪をしているつもりであっても、実際には不適切な方法だというケースが多いのです。もし髪を洗っているのに「臭い」と言われてしまったら、まずは洗髪の方法を見直してみた方がいいでしょう。その上で、上記のような問題がないようでしたら、食生活を見直してみましょう。それでも問題がないなら、ストレス過多の可能性がありますので、心身をゆっくりと休めてみてはいかがでしょうか。