生臭い体臭がする!その原因と効果的な対策は?

体臭が強いといっても、さまざまなタイプのものがあります。甘酸っぱい臭いがすることがあれば、腐った卵のような臭いがすることもあります。中でも生臭い体臭がするケースは「トリメチルアミン尿症」という病気の可能性があるのです。トリメチルアミン尿症は体臭以外にほとんど症状がない病気であるだけに、病気だと気づいていないケースもあるでしょう。生臭い体臭の原因であるトリメチルアミン尿症とはどのような病気で、体臭を抑えるためにどのような対策が効果的なのか説明していきましょう。

トリメチルアミン尿症とはどのような病気なのか

トリメチルアミン尿症とは、体内で生成されたトリメチルアミンという物質によって、体臭が魚の腐ったような臭いになってしまうものです。実際、魚が腐ったときに発する臭気の原因のひとつはトリメチルアミンで、特定悪臭物質として悪臭防止法の規制対象となっています。

トリメチルアミンの元となっているのは、コリンやレシチンなどの栄養素です。これらが腸内の細菌に働きによってトリメチルアミンになり、体内に吸収されてしまうのです。つまり、トリメチルアミンそのものは誰の体内でも生成されているということになります。

なぜ魚が腐ったような生臭い体臭がするのか

では、なぜトリメチルアミン尿症でない人は、生臭い体臭がしないのでしょうか。それは、トリメチルアミン尿症でない人は、トリメチルアミンが体内に吸収されても、肝臓で無害化されてしまうからです。別の物質になってしまえば臭気を発することはなくなるというわけです。

ところが、トリメチルアミン尿症の人は、肝臓でうまくトリメチルアミンを分解することができなくなっているのです。このため、体内でトリメチルアミンがどんどん増え、生臭い体臭につながってしまうという仕組みになっているのです。

原因としてはまず、生まれつきトリメチルアミンの分解ができないケースが考えられます。これは、トリメチルアミンの分解に必要な酵素がないためです。アルコールに弱い人の中には、生まれつきアルコール分解酵素の働きが弱いというケースがありますが、似たようなことがトリメチルアミンの分解についても起きていると考えれば分かりやすいでしょう。また、何らかの疾患によって肝機能が低下することで、トリメチルアミンの分解がうまくいかなくなるという、後天的な要因によるケースもあるとされています。

効果的な対策としてはどのようなものがあるのか

結論から言うと、後天的な場合はともかく、先天的なトリメチルアミン尿症については完治させる方法がありません。このため、医療機関の指導を受けながら、体臭を抑えることになります。

上述のように、トリメチルアミンの元となっているのはコリンやレシチンです。体臭を抑えるためには、これらの栄養素の摂取を抑えていくことになります。コリンが多く含まれているのは卵や肉類、大豆製品、キャベツをはじめとするアブラナ科の植物などです。レシチンは卵黄や大豆、エビ、カニ、ウナギなどに多く含まれています。裏返せば、これらの食物の摂取を可能な限り抑えていけば、トリメチルアミンは生成される、体臭を抑えることが可能なのです。

まとめ-体臭が強いのは不潔だからではないことを理解して!

体臭が強いと「自分は不潔なのではないか」と心配になる人も多いでしょうが、実際にはトリメチルアミン尿症のような疾患が原因となっているケースもあります。特にトリメチルアミン尿症の場合は現時点では完治させる方法がなく、トリメチルアミンの元となる食べ物の摂取を控えるという対症療法にとどまっています。本人としてはそれ以外にどうすることもできませんので「体臭が強くなってしまう疾患が存在している」ということを、周囲が知識として持っておいた方がいいでしょう。