お酒はほどほどに!アルコールが体臭を悪化させるって本当?

年末年始や定期異動のシーズンには、お酒を飲む機会が増えます。飲み会などがなくても、お酒を飲むことそのものが好きだという人も少なくないでしょう。ところが、お酒に含まれているアルコールに体臭を強くしてしまう効果があると書くと、飲むのをためらってしまう人もいるかもしれませんね。実際、お酒を飲んだ人に近づくと「何だか臭い」と感じたことがある人もいるでしょう。なぜアルコールを摂取すると体臭が強くなってしまうのか、そのメカニズムについて説明していきましょう。

アルコールを分解してできるアセトアルデヒドが臭いの原因

お酒に含まれているアルコールは、体内に入ると肝臓で分解されます。まずアセトアルデヒドに分解されたあと酢酸になり、最終的には水と二酸化炭素になります。この分解には、酵素の働きが必要です。アルコールの酵素分解は肝臓で行われますが、少量のアルコールならばアセトアルデヒドから酢酸を経て、水と二酸化炭素への分解がスムーズにいきます。問題は一定量以上のアルコールを摂取した場合で、アセトアルデヒドの分解が間に合わず、血中に流れ出して体中に回ってしまうのです。このアセトアルデヒドによって、体臭が強くなるのです。

この「一定量」は個人によって差があります。アセトアルデヒドの分解酵素の能力が高い人は体臭が強くなりにくいですし、分解酵素の能力が低い人は体臭が強くなりやすいのです。ちなみに二日酔いの原因はこのアセトアルデヒドで、アルコールに弱い人は基本的に分解酵素の働きが弱いのです。

アルコールは活性酸素を生成してアセトアルデヒドを増やす

体内にアセトアルデヒドが増えやすいのは先天的な体質が原因となっていることもありますが、後天的に肝機能が低下しているケースもあります。中でもアルコールが好きな人にありがちなのは、脂肪肝による肝機能の低下です。脂肪肝は肝臓内に蓄えられている脂肪が、活性酸素の働きによって過酸化脂質となり、肝細胞を破壊していくことで起こります。つまり、肝臓内に脂肪が大量にたまっているだけだは、脂肪肝にはならないということになります。

実はアルコールが肝臓で分解される際に、活性酸素が生成されてしまうのです。この活性酸素が肝臓内の脂肪を過酸化脂質に変えてしまう可能性があるのです。脂肪肝はお酒が好きな人に多いとされていますが、これはアルコールによって活性酸素が生成されるからです。つまりアルコールはアセトアルデヒドの元となるだけではなく、アセトアルデヒドが体内に回りやすい体質にする原因でもあるのです。

アルコールによる活性酸素生成は加齢臭を強める原因にもなる

アルコールを分解していできる活性酸素は、加齢臭を強める原因となります。なぜなら、加齢臭の原因であるノネナールの生成には、活性酸素が必要だからです。

実はノネナールは、皮脂には含まれていません。皮脂に含まれているのはノネナールの元となる9-ヘキサデセン酸で、これ自体は不快な臭いはしません。9-ヘキサデセン酸が活性酸素によってノネナールになることで、加齢臭を発するようになるのです。アルコールによって活性酸素が増えることは、ノネナールの生成が増加することを意味しています。これによって、加齢臭が強くなる可能性があるのです。

まとめ-体臭が気になる人はお酒を控えるのがおすすめ

アルコールは少量ならば全身の血行を促進させる効果がありますが、一定量を超えるとアセトアルデヒドが体に回り、体臭を強める原因となってしまうのです。また、アルコールによって生成される活性酸素は肝機能を低下させ、アセトアルデヒドが体中に回りやすい体質にする原因となります。「一定量」には個人差があるため具体的にどのぐらいかは言えませんが、いずれにしてもお酒を飲んで体臭が強くなったら「飲み過ぎ」のサインです。体臭が気になるなら、お酒はほどほどにしておきましょう。