これで臭くない!体臭タイプごとのおすすめサプリは?

体臭は大きく3つに分けられます。汗に由来するもの、皮脂に由来するもの、腸内環境に由来するものです。最近では体臭対策サプリメントなるものが販売されていますが、それぞれの体臭にタイプに合わせたものを購入しないと、十分な効果は期待できません。3タイプの体臭が発生するメカニズムを知れば、どのようなサプリの効果が期待できるのか、ある程度は分かってくるでしょう。体臭が発生する仕組みを比較したうえで、おすすめのサプリについて説明していきましょう。

汗に由来する体臭のメカニズムとおすすめサプリ

汗そのものには臭いはありませんが、汗に含まれているミネラルなどによって雑菌が繁殖し、分泌物を出すことで臭いが発生する仕組みになっているのです。汗腺の働きが悪いと汗に含まれるミネラルが増えるため、雑菌が繁殖しやすくなり、臭いが強くなるというわけです。臭いを抑えるためには汗腺の働きを良くして雑菌が繁殖しにくい汗に変えていくことと、雑菌そのものを減らして臭いの原因となる分泌物を抑えていくことが必要になってきます。

なぜ汗腺の働きが悪いとミネラルが増えるのか

汗はほぼ水分からなっていますが、それ以外にもミネラルが含まれています。実は汗は生成された時点ではそれなりにミネラルが含まれているのですが、汗腺から排出される段階で再吸収される仕組みになっています。

普段から運動をしているなど、汗腺の働きが活発な人の場合、この再吸収がちゃんと行われているため、汗に含まれる水分の比率は高くなります。逆に運動不足などで汗腺の働きが悪くなっている人は、ミネラルの再吸収がうまく行われず、汗に含まれるミネラルの量が多くなります。上述のように汗に含まれるミネラルが多いと、体臭の原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。運動不足の人の汗が臭いとされているのは、こうしたメカニズムによるものです。

汗腺の働きが悪くなる原因としては、運動不足以外に血行不良も考えられます。血行が悪いと汗腺に十分な酸素と栄養素が行き渡らなくなり、エネルギー源が不足してしまいます。汗腺を動かすためにもエネルギーが必要なので、これによって汗腺の働きが悪くなり、汗の質に影響が出てしまうのです。

汗の質と細菌対策の両方が期待できるサプリは?

汗の臭いを抑えるためには、汗腺の働きを良くして含まれるミネラルを減らすことと、雑菌の退治が必要です。この2つが同時に期待できるのが「アセッパー」です。

アセッパーに含まれているスイカポリフェノールとリンゴポリフェノールには、血行促進効果があるとされています。上述のように血行不良は汗の質を変化させる原因です。血行促進によって汗腺に十分な酸素と栄養素が行き渡れば、汗腺の働きが促進され、汗に含まれるミネラルが減ることは期待できるのです。トマトポリフェノールには血液をサラサラにする働きがあるとされており、こちらも血行促進効果が期待できそうです。

雑菌対策については、緑茶エキスと柿渋エキスの効果が見込めます。いずれも殺菌効果のあるタンニンを含んでいるためです。タンニンの働きによって雑菌を減らすことができれば、臭いの原因となる分泌物を減らすことが期待できます。汗のミネラル減少による雑菌の繁殖抑止との、相乗効果につながる可能性があるというわけです。

皮脂に由来する体臭のメカニズムとおすすめサプリ

皮脂に由来する臭いは、男性の方が強くなる傾向があります。これは男性ホルモンに皮脂の分泌を促す効果があるためです。この皮脂が活性酸素によって加齢臭の原因であるノネナールなどに変質することで、臭いを発するようになるというわけです。臭いを抑えるためには皮脂対策も必要ではありますが、皮膚の乾燥予防を考えると減らし過ぎるのも問題です。どちらかといえば、ノネナールの生成を抑えるための活性酸素対策の方が重要になってきそうです。

加齢臭は皮脂と活性酸素由来のノネナールが原因

皮脂に由来する臭いの代表的なものとしては、加齢臭が挙げられます。これは皮脂に含まれている9-ヘキサデセン酸という成分が活性酸素などによってノネナールになることで生じるものです。9-ヘキサデセンそのものに臭いはありませんが、ノネナールになることで臭いを発するようになるのです。

では、ノネナールの臭いがなぜ加齢臭と呼ばれているのかというと、皮脂の成分が加齢とともに変化していくためです。若年層の皮脂には9-ヘキサデセン酸があまり含まれていないので、ノネナールの生成量が少なく、加齢臭が出にくいのです。加齢に伴って9-ヘキサデセン酸の比率が増え、ノネナールの生成量も増加していくというわけで、こうしたメカニズムが加齢臭の語源となっています。

活性酸素の働きの抑制効果が期待できるサプリは?

皮脂の量を減らすために必要なことは、脂っこいものを減らすなど食生活の改善で、サプリの活用ではありません。サプリによる効果を期待するのは、活性酸素の働きを抑えてノネナールの生成量を減らすことによる加齢臭の抑制です。おすすめできる商品のひとつは「パクチーエナジーゴールド」です。

パクチーは活性酸素の働きを抑える抗酸化力が高く、大豆の10倍もの効果があるとされています。これによって活性酸素の働きを抑えられれば、ノネナールの生成量が減少し、加齢臭の減少につながる可能性があるのです。

パクチーといえば海外産というイメージが強いですが、パクチーエナジーゴールドに使用されているパクチーは沖縄産で、品質面で安心できるというメリットがあります。

腸内環境に由来する体臭のメカニズムとおすすめサプリ

腸内環境の悪化は便秘や免疫力低下などの原因となりますが、体臭に悪影響を及ぼすこともあるのです。腸内環境が悪化すると、悪玉菌によって分泌される有害物質の量が増え、体に吸収されてしまいやすくなるためで、この有害物質によって体臭に悪影響が出るのです。腸から有害物質が吸収されるのを防ぐためには、有害物質そのものの量を減らす必要があります。そのためには、悪玉菌を退治してくれる善玉菌を、サプリの摂取によって活性化につなげる必要が出てくるというわけです。

そもそも腸内環境の悪化とはどういうことなのか

腸内環境の悪化とは、腸内の悪玉菌が善玉菌よりも優勢になることです。腸内にはさまざまな細菌が住んでおり、その中には有害物質を出す悪玉菌と、悪玉菌を退治してくれる善玉菌がいます。善玉菌が悪玉菌を退治しきれず、悪玉菌が優勢になると有害物質の量は増えてしまいます。この有害物質は腸の働きをダウンさせて便秘の原因を作るほか、腸から吸収されて全身に回ってしまうのです。この有害物質の臭いが、体臭に結びついてしまうというわけです。

腸内環境を改善するためには、2つの方法が考えられます。ひとつは発酵食品を食べて善玉菌そのものを摂取する方法、もうひとつはオリゴ糖や水溶性食物繊維など善玉菌の餌となるものを摂取する方法です。両方を併用して行うことも多く、善玉菌の増加の相乗効果が期待できます。

腸内環境改善による体臭対策におすすめのサプリは?

悪玉菌を退治して体臭を改善することに重点が置かれているサプリのおすすめとしては「モリンガ美臭美人」があります。公式サイトでも、腸内環境を整えることで体臭改善につなげる効果が期待できると書かれており、目的に合ったサプリだと言えます。

モリンガには豊富な食物繊維が含まれています。このうち、水溶性食物繊維は腸内で善玉菌の餌となり、増殖を助けてくれる働きがあります。水溶性食物繊維は体内に吸収されず、ほぼ確実に善玉菌の餌となってくれますので、腸内環境の改善に役立つ可能性があるのです。サプリには他にシャンピニオンエキスも含まれており、似たような効果が期待できます。

乳酸菌が含まれているのも、大きなポイントです。乳酸菌は善玉菌の一種で、腸内で悪玉菌を退治してくれるのです。モリンガの水溶性食物繊維やシャンピニオンエキスによって増えてくれる可能性もあり、サプリ摂取による相乗効果が期待できるというわけです。

まとめ-体臭サプリは原因に合わせた成分比較を!

体臭改善サプリ購入に当たって比較・検討を行うためには、まず何が原因で体臭に問題が出ているのかを把握しておく必要があります。原因を把握していないと、効果が期待できないサプリを摂取してしまう可能性があるためです。原因が把握できたら、上述の条件を参考にして成分を比較し、あなたに合いそうなものを探していきましょう。上では3商品を紹介していますが、これ以外にも効果が期待できそうなサプリがあるかもしれませんしね。