「臭い」と言われたら内臓に問題がある?内臓と臭いとの関係は?

「臭い」と言われると汗のことばかり気にする人が多いでしょうが、汗対策をしても臭いと言われるようなときは内臓に問題が生じている可能性があります。この場合は汗対策をしても無意味で、内臓へのケアなどが必要になってきます。ただ、問題が生じている内臓によって臭いも変わってくるため、臭いの原因を突き止めやすいのが救いです。どの内臓に問題が生じることで、どのような臭いの原因となるのかなどについて、説明していきましょう。

体臭が甘酸っぱい場合は膵臓の機能低下で糖尿病の可能性あり

上述のように「体が臭い」と言われても、問題となる内臓によって臭いは異なってきます。まず、体臭が甘酸っぱく感じるようなときは、膵臓の機能低下などによって糖尿病を発症している可能性があります。膵臓からは血糖値を下げる効果のあるインスリンというホルモンが分泌されており、膵臓の機能低下によってインスリンの分泌量が低下し、血糖値が下がりにくくなると糖尿病になるためです。

糖尿病を発症すると体臭が甘酸っぱくなるのには、ケトン体という物質が関係しています。インスリンは血糖値を下げるだけでなく、糖質をエネルギーとして使うためにも必要です。糖質をエネルギーとして使用するためには細胞内に取り込む必要がありますが、この働きに必要なのがインスリンなのです。インスリンが不足していると、細胞内に糖質が取り込まれにくくなり、糖質をエネルギーとして使うことが難しくなってしまうのです。

それでも、体を動かすためのエネルギーは絶対に必要になってきます。循環器や呼吸器、消化器を動かしていないと、生命の維持そのものができなくなってしまうためです。インスリンが不足している場合は、脂質を使うことでエネルギーを生成しますが、このときに生成されるのがケトン体なのです。インスリンがちゃんと分泌されていればケトン体の生成量は少なくなりますが、膵臓の機能低下によってインスリンの分泌量が低下するとケトン体が増えます。このケトン体が増えることが、甘酸っぱい体臭につながっているというわけです。

強い酸味があるようならば逆流性食道炎の可能性あり

甘酸っぱいというよりも強い酸味があるような臭いならば、逆流性食道炎を発症している可能性があります。体臭以外に胸焼けなどの症状があるようなら、逆流性食道炎の可能性は高いとみていいでしょう。

食道と胃の間には噴門という蓋があり、正常な状態ならば胃液などが食道に流れ込んでくるようなことは起きません。ところが、この噴門がうまく機能しなくなってしまうと、胃液などが食道に逆流してくることになります。これは下部食道括約筋という筋肉の働きが弱くなっていることが原因です。下部食道括約筋の働きが弱くなる原因としては暴飲暴食や肥満、姿勢の悪さなどが挙げられます。

胃酸は強酸性で、タンパク質に悪影響を与えます。では、なぜタンパク質でできている胃があまり影響を受けないのかというと、胃の表面は粘液によってバリアを張られた状態になっているためです。食道にはこの機能は備わっていませんので、炎症の原因となるのです。

上述した酸味の強い臭いは、この胃酸に由来するものです。噴門がちゃんと機能していれば外に出てこない臭いが、噴門の機能低下によって外に出てきているというわけです。

体臭が硫黄のようなならば腸が弱っている可能性あり

体臭が腐った卵のような硫黄臭になっているのなら、腸の機能が低下している可能性があります。腸の機能が低下することで、タンパク質がうまく消化されなくなって発酵し、硫黄臭を放つ物質が生成されることが原因です。逆に腸が問題なく働いているならば、タンパク質がうまく消化され、このような物質が生成されることはありません。

腸で吸収されているのは、栄養素だけではありません。悪玉菌などによって生成された物質も、腸から吸収されてしまうのです。上述の硫黄臭を放つ物質も腸で吸収され、全身に回ってしまいます。この結果、硫黄のような体臭が出てしまうというわけです。ちなみに体臭が硫黄っぽいときにはおならやゲップにもこうした物質が混じるため、臭くなってしまいます。

では、なぜタンパク質がうまく消化されないと硫黄のような臭いが出てしまうのかというと、タンパク質を構成しているアミノ酸の中には、メチオニンやシスチンのように硫黄を含んでいるものがあるためです。コンロを使っているときに間違って髪や体毛を焼いてしまった経験がある人は多いですが、このときに硫黄を焼いたような臭いがするのは、頭髪や体毛を構成しているタンパク質・ケラチンを生成しているアミノ酸の中に、含硫アミノ酸であるシスチンが含まれているためです。

体臭がアンモニアのようならば肝機能か腎機能低下の可能性あり

「体がアンモニア臭い」と言われるようならば、肝臓か腎臓の機能が低下している可能性があります。体内のアンモニアが処理しきれなくなった結果、体臭に影響している可能性があるためです。

アンモニアは体にとって有害で、血中濃度が上がりすぎると脳にダメージを与え、肝性脳症という命にかかわる疾患を引き起こしてしまう可能性があります。問題は、体内ではどうしてもアンモニアが生成されてしまうことです。タンパク質をエネルギー源として使用すると必ずアンモニアが生成されますし、腸内の悪玉菌によって生成されたアンモニアが体内に取り込まれてしまうこともあるからです。

このため、アンモニアは肝臓の働きによって尿素という体にとってあまり害がない成分に変換され、腎臓の働きによって体外に排出されるようになっているのです。これによって体内のアンモニア濃度を低下させ、脳をダメージから守っているというわけです。

ところが、肝炎や脂肪肝などによって肝機能が低下すると、アンモニアを尿素にする機能も低下してしまうのです。これによって体内のアンモニア濃度が次第に上昇し、汗にアンモニアが混じるようになってしまいます。これがアンモニアのような体臭につながっているのです。

 

腎臓が弱っているときは、アンモニアから尿素を生成しても、体外に出にくくなってしまっていることが問題になってきます。体内の尿素の濃度が上昇するだけでなく、アンモニアのうども上昇してしまうためです。これが体臭に影響を及ぼしてくるというわけです。

まとめ-「体が臭い」のは汗のせいだと早合点しないことが肝要

「体が臭い」と言われると、汗などによる体臭をイメージし、体を一生懸命に洗うことで解決しようとする人は多いでしょう。ただ、臭いの種類によっては内臓に問題が起きており、体臭がそれを警告するような形となっているケースもあるのです。体が臭い理由を汗のせいだと思い込んでしまうのは、この重要なシグナルを見逃してしまい、病気を重症化させることにつながりかねないのです。

もし「体が臭い」と指摘されたときには、思い切って周りの人に「臭いといってもどのような感じなのでしょうか」と聞いてみるのもいいでしょう。甘酸っぱいのか、卵の腐ったような臭いなのかといった具合に、具体的に聞いていくのがおすすめです。臭いのタイプが特定できれば、そこからどの内臓に問題が起きている可能性があるか分かるためです。あとは医療機関に行き、どのような病気があるのかなどについて診てもらったうえで、治療をしていくようにすればいいでしょう。