体が臭い!と言われたときの対策は?臭くなってしまう原因は?

体臭によって周りが不快になる「スメルハラスメント」が社会問題になってくるほど、現代は臭いについて敏感なご時世になっています。「体が臭い」と言われてしまったら、周りに迷惑をかけないようにするためにも、何らかの対策を立てなければならないでしょう。ただ、臭いといってもさまざまなタイプのものがあり、それぞれ原因や対策が異なっています。臭さのタイプごとにその原因と、臭いを抑えるための効果的な対策について説明していきましょう。

使い古した油のような臭さがするなら「ミドル脂臭」

 

実は「体が臭い」と言われても、どのような感じのにおいなのか指摘してもらわないと原因が分からず、対策も立てようがありません。もし「使い古した油のような臭い」ならば、ミドル脂臭の可能性が高いとみていいでしょう。

ミドル脂臭は汗に含まれる乳酸が皮膚の常在菌によってジアセチルという物質になり、これと皮脂が化学反応を起こすことによって生じるものです。30代になると汗腺の機能が低下して汗の量そのものは減りますが、乳酸は濃くなるためミドル脂臭につながりやすいのです。

汗に乳酸が増える理由としては、ストレスなどによる血行不良が考えられます。汗腺を動かすためのエネルギー生成には酸素が必要ですが、血行が悪化していると汗腺に届く酸素が減ります。ただ、体温調節のために汗腺を動かす必要がありますので、ブドウ糖を乳酸に分解することでエネルギーを調達します。これによって乳酸が増え、汗に混じりやすくなってしまうのです。

対策としては、ジョギングやウオーキングなどの有酸素運動が効果的だとされています。ストレス解消に役立つだけでなく、運動によって心肺機能が強化され、血行促進の相乗効果が期待できるためです。

枯れ草のような臭さがするようなら「加齢臭」

「枯れ草のような臭いがする」と言われたら、加齢臭である可能性が濃厚です。加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。ノネナールは、皮脂に含まれている9-ヘキサデセン酸という脂肪酸が活性酸素や細菌によって変質したものです。9-ヘキサデセン酸そのものには臭いはありませんが、活性酸素や細菌が原因で臭いを発する物質になっているというわけです。

9-ヘキサデセン酸は、若いころはあまり皮脂に含まれていませんが、40代に入ったころから徐々に増加していくという特徴があります。若年層に加齢臭がないのは、皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸の比率が少なく、ノネナールが生成されにくいためです。加齢によって9-ヘキサデセン酸が増えていくと、ノネナールの生成量が増加し、加齢臭が出やすくなるというわけです。

対策としては、脂っこいものを避けることが考えられます。脂肪分の摂取を抑えれば皮脂の分泌量が減少するため、9-ヘキサデセン酸の量も減ります。これによってノネナールの生成量が減り、加齢臭の抑制につながる可能性があるのです。

ビタミンC、Eなど抗酸化作用を持つ成分を含む食べ物を積極的に摂取することも、加齢臭対策につながる可能性があります。ノネナールの生成には活性酸素が関係しており、抗酸化成分によって活性酸素が抑えられれば、ノネナールの生成抑制が期待できるのです。

甘酸っぱいタイプの臭さなら糖尿病の可能性あり

甘酸っぱいタイプの体臭がするならば、糖尿病を発症している可能性があります。糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの効きが悪くなったり、分泌量そのものが減少したりすることで血糖値が大きく上昇する病気です。

インスリンの働きが弱いと、ブドウ糖をエネルギーにすることができなくなりますので、代わりに脂肪を使ってエネルギーを生成しますが、このときにケトン体という物質が生成されます。このケトン体が、甘酸っぱい体臭の原因となっているのです。

インスリンの働きが十分ならエネルギー源に使われる脂肪の量はそれほど多くありませんので、ケトン体の生成量も限られています。ところが糖尿病患者の場合はエネルギー生成にブドウ糖がほとんど使われず、脂肪ばかりが使われてしまいます。これによって体内のケトン体が増加して、甘酸っぱい体臭につながってしまうというわけです。

対策としては、医療機関に診てもらうことが一番です。糖尿病をはじめとする内分泌系疾患は、素人が手に負えるものではありません。医療機関に治療薬を処方してもらい、インスリンがちゃんと効果を発揮できるようにしたうえで、食事療法によって症状を抑えていきましょう。糖尿病は一生、治癒することはありませんが、食事療法によって血糖値を抑えていれば合併症を予防でき、健康な人とほとんど変わらない生活を送ることができるのです。

アンモニアのような臭さならば肝機能が低下している

アンモニアのような体臭がするならば、脂肪肝などによって肝機能が低下している可能性があります。肝臓では体にとって有害なアンモニアを、無害な尿素に変えてくれる働きがありますが、この機能が低下しているというわけです。

タンパク質をエネルギー源として使用すると、どうしてもアンモニアが生成されてしまいます。また、腸内の悪玉菌によって生成されたアンモニアが、体内に吸収されてしまうことも考えられます。血中のアンモニア濃度が高いと、脳にダメージを与えてしまいますので、肝臓で無害化しているのです。肝機能が低下するとアンモニアが無害化されずに血中濃度が上がるため、アンモニア臭がするようになるのです。

肝機能低下の主原因である脂肪肝は、脂っこいものの食べ過ぎによって肝臓に脂肪が蓄積しすぎると発症しやすくなります。食習慣を改善して肝臓への脂肪蓄積を抑えれば、肝機能の改善による肝機能アップにつながる可能性があります。

セサミンなどによって活性酸素の働きを抑えることも、脂肪肝対策には効果的です。脂肪肝は肝臓内の脂肪が活性酸素によって過酸化脂質となり、肝細胞を破壊していくことで起こります。お酒が好きな人は脂肪肝になりやすいのは、アルコールを分解する過程で活性酸素が生成されるためです。活性酸素の働きを抑えられれば、肝臓内の脂肪が多くても過酸化脂質が生成されにくくなり、脂肪肝の予防・改善につながる可能性があるというわけです。

腐敗臭がするようなら胃腸の機能が低下している

硫黄のような腐敗臭がするならば、便秘が原因でしょう。便秘は腸内環境が悪化し、胃腸の働きが低下しているときに起こります。このときに肉類をはじめとするタンパク質が消化しきれず、消化器内で腐臭を発するようになってしまうことで、体臭にも影響が出てくるのです。硫黄のような臭いになるのは、タンパク質の原料であるアミノ酸に、メチオニンのような硫黄を含むタイプのものがあるためです。

便秘対策としては、腸内環境を整えることが効果的です。腸内には有害物質を生成する悪玉菌と、悪玉菌を退治してくれる善玉菌がおり、善玉菌の方が優勢だと腸内環境が良くなります。善玉菌を増やすためには、ヨーグルトや納豆など発酵食品を食べることで、善玉菌そのものを摂取するのが効果的です。また、オリゴ糖や水溶性食物繊維は腸内で善玉菌の餌となってくれますので、一緒に摂取すると善玉菌をさらに増やしてくれる可能性があるのです。腸内環境を改善すれば便秘が解消し、腐敗臭が出にくくなってくれるというわけです。

まとめ-臭いのタイプに合わせて対策を立てていこう!

このように、体が臭いといっても、臭いの種類によって原因が違えば、対策も違っています。単に「臭い」と言われても、的確な対策を立てるのは難しいのです。まず、思い切ってあなたの体臭が上記のどのタイプなのかを指摘してもらい、その上で対策を立てるようにしましょう。体臭によっては医療機関による治療が必要なこともあり、臭いのタイプのチェックは意外と重要なのです。