加齢臭は臭う前の対策が重要!知っておきたい加齢臭の原因と対策

「枕からいつもと違う独特なにおいがする」「パートナーや子供から臭いと言われた…」そんな経験はありませんか?においにもいろいろな種類がありますが、もしかするとそれは“加齢臭”かもしれません。まずは加齢臭の特徴や原因を知って、自分のにおいに当てはまっていないかチェックしてみましょう。加齢臭だった場合の対策もご紹介しています。落ち込む前に、そしてあきらめる前に、生活の中に意識して取り入れてみてくださいね。

においや発生する時期は?加齢臭の特徴を知ろう

「加齢臭」というワードはよく聞きますよね。ただ、加齢臭がどんなものなのか知らないという人は意外と多いです。においが強いから加齢臭、とは限りません。もしかしたらちょっと強めの体臭である場合も考えられます。においの感じ方は人それぞれですが、加齢臭は一般的に、ろうそく、古本、ポマード、古いタンスや押入れなどのにおいに例えられます。汗の酸っぱいにおいやこもるようなにおいとはまた違うにおいだということが分かりますよね。加齢臭が発生しやすい場所は、頭皮、うなじ、耳の後ろ、顔、背中などが挙げられます。「加齢臭」というだけあって年齢を重ねると起きやすく、40~50代から多く見られる傾向があります。

このにおいは汗?皮脂?加齢臭が起きる原因は?

「加齢臭ってそもそも何なの?」「なんで汗臭さや普通の体臭と違うの?」そんな疑問を抱いている人も多いのでは?汗臭さの原因は汗、体臭の原因は汗に加えて皮脂も関係してきます。ではなぜ加齢臭ではこれらと違ったにおいが起きるのでしょう?その理由は“ノネナール”という物質にあります。この物質が加齢臭という独特なにおいの正体なのです。ノネナールをつくり出す、つまり加齢臭を発生させる原因には、次の2つの物質が挙げられます。

加齢臭が起きる原因① 頭皮や顔に多い“皮脂”

油っぽい体臭の原因にもなる皮脂は、ノネナールの元にもなる物質です。皮脂に含まれる脂肪酸(脂質の元)がにおいの材料になります。加齢臭が、頭皮、うなじ、耳の後ろ、背中、顔のTゾーン(鼻・おでこ)などから発生しやすいのは、皮脂がつくられ分泌される皮脂腺がこれらの場所に多く分布しているためです。特に男性はもともと皮脂の分泌量が多く、年齢を重ねてもその量が減らないために加齢臭も起きやすい傾向があります。

加齢臭が起きる原因② 活性酸素によってできる“過酸化脂質”

ノネナールは皮脂と過酸化脂質が合わさって発生します。過酸化脂質、あまり聞き慣れない言葉ですよね。過酸化脂質とは、脂質やコレステロールが酸化(劣化)したもののことです。私たちの体の中には“活性酸素”という物質が存在しています。体内に侵入してきた細菌やウイルスを攻撃して(酸化させて)体を守る役割を担っている物質です。が、その酸化する力があまりにも強く、増えすぎるとウイルス以外にも健康な細胞や脂質などを酸化させてしまいます。そうしてできたのが過酸化脂質なのです。体には活性酸素による酸化ダメージを防ぐための抗酸化力が備わっていますが、加齢によってそれが徐々に弱くなり、過酸化脂質も発生しやすくなります。年齢を重ねるにつれて加齢臭が出やすくなるのはそのためです。

加齢臭を和らげる&起きにくくする対策は?

「自分のにおい、加齢臭かも…」そう感じたら、今日からできる対策を取り入れていきましょう!加齢臭の元となっているのは皮脂と過酸化脂質。この2つにアプローチすることがポイントです。難しいことではありません。日常生活の中でできる対策はたくさんありますし、誰でも取り入れることができます。どうすれば加齢臭を和らげることができるのか、そして起きにくくすることができるのか、具体的な対策をチェックしていきましょう。

におい物質がつくられる前に皮膚を清潔にする

加齢臭の原因であるにおい物質ノネナールは、皮脂が元になっています。そのため皮脂が多く体にある状態で放置しておくと、加齢臭も起きやすくなります。入浴はなるべく湯船に浸かる、体や髪(頭皮)をしっかり洗うなど、皮膚を清潔にすることが大切です。外出先でにおいが気になってしまう人は、消臭効果のあるボディシートを使う、Tゾーンの皮脂をあぶら取り紙で適度に除去するなど、こまめに皮脂のケアをするようにしましょう。

「抗酸化力を高める」をテーマに食生活を改善する

年齢を重ねるにつれて、体の抗酸化力は少しずつ衰えていきます。そうなると過酸化脂質もつくられやすくなり、加齢臭も起きやすくなります。食事では積極的に高酸化力のある食べ物を取り入れましょう。かぼちゃやアーモンドに含まれるビタミンE、トマトに含まれるリコピン、鮭やイクラに含まれるアスタキサンチン、ベリー類に含まれるポリフェノールなどがおすすめ。緑黄色野菜やフルーツに含まれるビタミンCにも活性酸素を抑える働きがあり、加齢臭予防におすすめです。

また脂身の多い肉類や乳製品、揚げ物、ジャンクフードなどは皮脂の分泌量を増やすと同時に体臭や加齢臭を起きやすくしてしまいます。分解されずに体内に残ったアルコールも、体のにおいを強くする原因になります。油っこいものの食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎ…心当たりがある人は多いのでは?加齢臭などのにおいのトラブルが起きた時は、こういった偏りのある食生活を少しずつ改善していきましょう。

活性酸素を増やすタバコやストレスを減らす

喫煙は加齢臭に影響を与えます。体内の活性酸素を増やし、過酸化脂質を増やしてしまうのです。食事などから摂取した抗酸化力のあるビタミンを壊してしまう働きも…。「百害あって一利なし」というのは本当ですね。またストレスも活性酸素を増やしてしまう大きな原因です。ストレスによるイライラは、喫煙数を増やしてしまうことにも繋がります。なるべくストレスのかからない環境にいること、物事をポジティブに捉えること、ストレスが溜まってしまったら趣味や軽い運動を取り入れてこまめに発散することを心がけましょう。

できる対策から取り入れて加齢臭を予防・緩和しよう!

汗臭さや体臭とはまた少し違う加齢臭。ろうそくのにおい、ポマードのにおい、古いタンスのにおいといった独特のにおいがするのが特徴です。原因も他のにおいとは違い、皮脂と、活性酸素からつくられる過酸化脂質が元になっています。「これ、加齢臭かも…」そう感じた時は、これらの原因を意識した対策を取り入れるのがポイントです。まずはにおいが発生しないように、しっかりと体や頭皮を洗う、外出先でもボディシートを使うなど皮脂のケアをして、皮膚を清潔に保つことを心がけましょう。それと同時に食事の改善、禁煙、ストレス対策など、体の内側からケアをしていくのが効果的です。できることから少しずつ習慣にして、加齢臭を予防・緩和していきましょう!