部位別臭いのメカニズム!あなたはどこが臭っていますか?

「なんだか体から油っぽい嫌な臭いがする」「時々するアンモニア臭、これってもしかして自分から!?」そんな体臭トラブルにショックを受けている人もいるのではないでしょうか。臭いは自分へのストレスにもなりますし、周りにもストレスを与えかねない問題です。適切な対策をとるために、まずは“どこが臭っているのか?”“何が原因で臭っているのか?”この2つを知ることから始めましょう。ここでは体の臭いの特徴や原因を部位別に解説していきます。

意外と知らない?体の臭いが強くなるメカニズム

そもそもなぜ体の臭いが発生するのか、詳しく知っていますか?体臭が強くなる原因は人によっていろいろですが、その臭いが発生するメカニズムは基本的にどんな人でも一緒です。皮膚自体が嫌な臭いになっているわけではありません。汗や皮脂も、皮膚内でつくられた時点ではほぼ無臭です。では一体なぜ“臭い”が出てしまうのか…。その答えには“常在菌”が大きく関係しています。常在菌とは、誰の皮膚にも元々存在している雑菌のことです。その中の“真菌”や“黄色ブドウ球菌”は、汗や皮脂に含まれているたんぱく質や脂質などの成分をエサに繁殖し、それを分解します。この時に発生する物質が“臭い”となって汗臭さや体臭を強くしてしまうのです。

臭いの特徴や原因は部位によってそれぞれ違う?

体臭というとなんとなく体全体から臭いが出てしまっているようなイメージがあるかと思いますが…実は臭いが強く発生する場所は人によって違います。一ヵ所から強く臭いが発生している人もいれば、複数の場所から臭いが出ている人もいます。そしてその場所によって考えられる原因も様々です。あなたが悩んでいる臭いはどこから出ていて、何が原因なのでしょうか。部位別のにおいの特徴や原因をチェックしていきましょう。

アポクリン線から分泌される汗による“脇”の臭い

脇は汗をかきやすい場所ですから、普段から臭いを気にしている人も多いかもしれません。服を脱いだ時などに気づきやすい部分でもありますよね。脇に汗をかきやすく、その汗が臭いやすいのは、脇に汗腺(汗がつくられ分泌される場所)が2種類あるためです。腕や足、顔、背中やお腹など、体全体には基本的に汗腺は1種類しかありません。ところが脇には、全身にはないもう一つの汗腺“アポクリン線”があります。この汗腺から出る汗には、脂質やたんぱく質、アンモニアといった雑菌のエサとなる成分が多く含まれています。そのため、その他の場所から出る汗よりも臭いがきつくなりやすいのです。酸っぱい臭い、鉛筆の芯のような臭い、生乾きの服のようなこもった臭いなど、人によって異なります。

汗と皮脂、どちらも分泌されやすい“頭皮”の臭い

頭皮には“皮脂腺”というものが多く集まっています。皮脂線でつくられる皮脂は本来、頭皮や肌の乾燥を防ぐために必要な油分です。ただ、その分泌が多くなりすぎると痒み、フケ、髪のべたつきに。そしてその皮脂に雑菌が繁殖することで臭いも発生してしまいます。皮脂をしっかり落とそうと、洗浄力の強いシャンプーを使ったり、一日に何度も髪を洗うなどのケアをしてしまいがちですが、実はそれらもにおいの原因に…。皮脂はそもそも乾燥を防ぐために分泌されるものですから、洗い過ぎによって頭皮が乾燥すると皮脂はますます分泌量が多くなり、臭いも起きやすくなってしまいます。

さらに頭皮は汗腺も多く集まる場所です。汗は元々、熱を発散させて体の体温を下げるためにあるもの。脳が熱によるダメージを受けないために、頭皮には汗腺が多いというわけです。頭皮にある汗腺“エクリン線”から出る汗は、水分と少しの塩分でできた水に近い状態の汗で、雑菌も繁殖しにくく臭いの直接の原因にはなりません。ただ、その汗が蒸発する時に皮脂の臭いを分散させてしまいやすく、汗と皮脂が混じり合った頭皮独得の臭いが目立ってしまいます。

加齢臭もここから?気づきにくい“耳の後ろ”の臭い

「枕から汗とは違う独特な臭いがする」という人は、頭皮の他に耳の後ろから臭いが発生している可能性があります。40代から起きやすくなるとされる加齢臭も、耳の後ろから臭いが出やすいと言われています。耳の後ろも頭皮と同じく皮脂腺が多い場所です。さらに、頭皮と違って洗い忘れがちな場所でもあります。髪や体は普段しっかり洗うと思いますが、耳の後ろを意識して念入りに洗うことは少ないですよね。そのため耳の後ろは、皮脂の洗い残しに雑菌が繁殖して臭いやすいのと同時に、溜まった皮脂が酸化(劣化)した時の使い古した油のような臭いが出やすいのです。またシャンプーやトリートメントのすすぎ残しも、雑菌が繁殖して臭いに繋がる場合があります。

汗が多く蒸れやすい!もわっとした“足”の臭い

体の中で臭いやすい部位と言えばやはり足!ですよね。友達の家に遊びに行った時や、食事の席などで靴を脱いだ時、臭っていないかハラハラするという人も多いのでは?足が臭いやすい原因には2つの要因が挙げられます。一つは“汗腺が多い”ということ。また足の裏は、緊張した時、焦った時、興奮している時など、精神的に刺激を受けている時に発汗が増えるという特徴があります。汗をかきやすく、かく汗の量も多いのです。もう一つは、靴下やストッキング、靴を履いている機会が多く“蒸れやすい”ということ。湿度の高い場所は、雑菌が繁殖するのに最適な環境。つまり汗が分解されやすく、臭いも発生しやすい場所と言えるのです。

臭うのは脇や頭皮だけじゃない!その他の部分にも要注意

体の中で臭う部分というと脇、足、頭皮などのイメージが強いですが、実はその他の部分からも臭いは発生します。「こんなところが!?」という意外な部分も、臭いが発生しやすい環境だったりするのです。上記に挙げた部分をチェックしても臭いが分かりにくいと感じる人は、次に挙げる部分から臭いが出ているかもしれません。指でこすって嗅いでみる、衣類の臭いやすい部分を嗅いでみる、もちろん家族に頼むでもOK。早速チェックしていきましょう!

汗臭、加齢臭、ミドル脂臭も!?意外と盲点な“首”の臭い

首は汗をかきやすく、放っておくと雑菌が繁殖して臭いが出やすいのです。また皮脂の分泌が多いのも特徴。「シャツなどの襟元が黄ばんでしまってとれない!」そんな経験をしたことがありませんか?あの黄ばみは首から分泌される汗や皮脂によるもの。汗に混じった皮脂が服の繊維に染みつき、空気に触れて酸化することで黄色くなってしまうのです。皮脂というと顔や頭皮に多いイメージがありますが、実は首にも多いんですね。年齢を重ねると体の高酸化力が低下して皮脂は加齢臭に…。また血行が悪くなることで汗はミドル脂臭になりやすくなります。皮脂・汗ともに多く分泌される首(特に首の後ろ)は、汗臭さに加えてこういった臭いトラブルが起きやすいのです。

テカリやべたつきだけじゃない!皮脂による“鼻”の臭い

メイクや洗顔をしても、すぐに鼻がテカってしまうという人は多いのではないでしょうか。あぶらとり紙を使った際に、鼻部分だけべったりと脂がつくという人も多いと思います。これは鼻にある皮脂線が顔の中でも特に多く、分泌される皮脂量が多いためです。朝と晩にきちんと洗っていても毛穴に皮脂が詰まりやすく、そこに雑菌が繁殖して嫌な臭いになったり、酸化が進んで加齢臭のような独特な臭いを放つようになります。油っこい食べ物、肉類、アルコールなどを普段から多くとっている人、また喫煙をしている人は皮脂の酸化が進みやすく、臭いがきつくなりやすい傾向にあります。

脇と同じアポクリン腺が原因の“胸”の臭い

服を脱いだ時にもわっと感じる汗臭や刺激臭、それは脇の臭いではなく、胸元から出ている臭いかもしれません。脇が臭うのは臭い物質を多く含む汗を出す“アポクリン腺”があるためとご説明しましたが、実はこのアポクリン腺、乳首にも存在しています。アポクリン腺が元々多い人は汗をかいた時に、脇だけではなく胸からも臭いが発生しやすいのです。この胸のアポクリン腺によって発生する臭いは、ワキガならぬ「チチガ」と呼ばれています。また胸元はインナーやシャツ、下着などによって常に覆われている場所。汗をかきやすい他にも蒸れやすいという特徴があり、雑菌が繁殖して臭いが出やすい環境になっているのです。

自分では気づきにくい汗や皮脂による“背中”の臭い

体の中でも特に気づきにくいのが背中の臭いです。背中は汗をかきやすく、さらにその対策がなかなかできない場所でもあります。他の部分と違って、タオルで拭く、制汗剤や消臭剤をつけるなどのケアがこまめにしにくいですよね。そのため汗に雑菌が繁殖して臭いが出やすいのです。この場合、汗っぽい臭いや酸っぱい臭いが感じられます。また食生活の乱れやストレスなどで汗中に含まれる乳酸やアンモニアなどが増えると、ツンとした刺激臭が感じられることも…。また背中には皮脂腺も多く存在しています。汗臭さではなく、油っぽい臭いが感じられる場合は皮脂の酸化が原因です。特に肩甲骨あたりは洗い残しが起こりやすい場所ですから、皮脂が溜まって臭いが出る可能性も高いです。

部位別の臭いをチェックして、原因や対策を知ろう!

「なんとなく体が臭い…」というだけでは適切な対策はとれません。まずは自分のどこから臭いが発生しているのかを知ることが大切です。脇や頭皮以外にも、臭いが発生しやすい場所は多くあります。今まで気にしていなかった部分も、念のためチェックしてみましょう。同時に重要になってくるのはどんな臭いがしているかということ。汗臭さならデオドラント剤が効果的ですし、汗をにおいにくくするための食事や適度な運動も大切です。油っぽい皮脂の臭いの場合は、食事の他、ストレスや喫煙にも注意すること。加えて皮膚を清潔にすることと、過剰な皮脂の分泌を増やさないための保湿ケアも重要になってきます。自分に合った対策を取り入れて、効率よく臭いを減らしていきましょう!