体臭予防には肝臓と腎臓を大切に!体の毒素が体臭のカギ!

「体臭が強くなる原因」と聞いて、どんなことが思い浮かびますか?ぱっと思いつくものと言えばやはり、油っこいものの食べ過ぎや加齢、喫煙などでしょうか。もちろんこれらも体臭を強める大きな原因ですが、その他に“内臓機能の低下”も忘れてはいけない原因の一つです。特に肝臓や腎臓などの臓器は、体臭と深い関係があります。「最近体臭が強くなった気がする」と感じる人は、肝機能や腎機能が弱っているかも…?ここではあまり知られていない肝臓・腎臓と体臭の繋がりを、詳しく解説していきます。

病気になると体臭が強くなる!?その理由とは

体の内側のトラブルがなぜ体のにおいに繋がるのか、不思議に思う人もいるかもしれませんね。体の組織に異常が起きると、それまでその組織で処理されていた物質が体内に溜まり、血液に運ばれて体臭や口臭として体の外へ放出されてしまいます。糖尿病を例に考えてみましょう。糖尿病の人は、尿や体臭が甘いにおいになるという特徴があります。糖尿病はインスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌量や機能が低下し、血液中の糖分が常に多くなってしまう病気です。処理できなかった血糖は汗や尿として排出され、甘いにおいを引き起こします。このように体の組織や臓器に異常が起きると、それまで正常に処理されていた物質の行き場がなくなり、最終的に“体のにおい”になって排出されてしまうというわけです。

肝臓が弱るとどうなるの?肝臓と体臭の関係は?

上記で例に挙げた糖尿病と体臭の関係のように、肝臓と体臭にも深いかかわりがあります。お酒をたくさん飲んだ翌日に、自分のにおいが気になったことはないでしょうか。お酒を多く飲むと肝機能が衰えやすいというのはよく聞きますが、これはアルコールを分解する時に肝臓に負担をかけてしまうためです。この肝機能の低下が、体のにおいを強める大きな原因となってしまいます。

体で重要な働きをする肝臓について知ろう!

肝臓は、アルコールはもちろん、その他の体で発生した有毒物質を分解する“解毒”の役割を持った臓器です。例えば、肉類などにはたんぱく質が豊富に含まれていますよね。たんぱく質は体内で体を動かすためのエネルギーに変えられますが、エネルギーとして使い切れなかった分は窒素に分解され、最終的にはアンモニアという有毒物質に変えられます。このアンモニアを分解してくれるのが肝臓です。この他にも肝臓は食べ物などを分解した時に発生する毒素を分解して、無毒化する働きを担っています。

肝臓が弱くなると体臭が強くなってしまう理由

上記で触れたアンモニアという物質は、強いにおいを持っています。「アンモニア臭」というと分かる人も多いかもしれません。「尿のにおい」「トイレのにおい」といったものがそうですね。このにおいを分解して減らしてくれるのが肝臓というわけです。肝臓の働きが弱くなるとアンモニアやその他のにおい物質もうまく分解されず、体の中にとどまってしまいます。その結果、におい物質は血液によって運ばれ汗中に多くなり、体臭となって放出されてしまうのです。

腎臓が弱くなるとどんな影響がある?体臭と腎臓との関係は?

肝機能の低下は体臭を強める原因になります。そして腎臓も、肝臓と同じくらい体臭に影響する臓器の一つです。「トイレの回数が極端に少ない」「体のむくみがひどい」などの症状が見られる場合は、もしかすると腎臓が弱っているせいで体臭が強くなっているのかもしれません。腎臓とはそもそもどんな働きをするものなのか、体臭とどう関係しているのか、詳しくチェックしていきましょう。

意外と知られていない腎臓の重要な役割を知ろう!

「腎臓」と聞いて、どんな働きをしているものなのかすぐに答えられる人は少ないのではないでしょうか。臓器の中でもなんとなく地味な存在ではありますが、実は私たちが生きていくうえで重要な働きをしている臓器なのです。腎臓は、心臓から送られてきた血液をろ過してきれいにしたり、老廃物や毒素、塩分などを尿として排出する働きがあります。主に、体にとって不要なものを外へ追い出す役割をしてくれているのです。血圧の調整にも大きく関わっています。

腎臓の機能が低下すると体臭が強くなる理由

肝臓で無毒化された物質を、外へ排出するのが腎臓です。前章で取り上げたアンモニア、これは無毒化されると尿素という物質になり、腎臓の働きによって水分や塩分、その他の毒素とともに尿として排出されます。腎機能が低下すると、本来外へ排出されるはずの老廃物や尿素が体の中に溜まり、それらが汗中に増えて体臭となってしまいます。また腎臓には血液をろ過する役割もありますが、この過程がうまくおこなわれなくなることで血中の毒素は高濃度に。その結果、その一部が汗に含まれて体がにおいやすくなってしまうのです。

重要な役割を担う肝臓と腎臓は、体臭にも深く関係している!

有毒な物質を分解し、無毒化する“肝臓”。そしてその肝臓で無毒化された物質を、尿として体の外へ排出する“腎臓”。この2つの臓器の機能が低下すると、におい物質も体に溜まりやすくなります。体に多くなったにおい物質は行き場がなくなり、血液に運ばれて汗中へ…。それが体のにおいを強めてしまう原因になります。このように肝臓・腎臓は体臭と深い関係があるのです。体臭となるとどうしても消臭のケアに重点を置いてしまいがちですが、体の内側のトラブルにも目を向けてみるようにしましょう。たんぱく質やアルコールをとり過ぎていないか、肝臓や腎臓が弱っているサインは出ていないか、一度普段の生活を振り返ってみることをおすすめします。