プロテインと摂りすぎや筋トレで体臭が強まる?注意したい関係性とは?

健康志向が強まる昨今、プロテインの愛用者は年々増加しています。

服用の目的は筋肉増強と言う人もいればダイエットと言う人もいるでしょう。カロリーをセーブしながら良質なたんぱく質を摂取できるプロテインは男女を問わず人気です。

ところが摂取のしかた次第ではプロテインで体臭が強まることがあります。せっかく健康体をめざしてプロテインを飲み始めたのに自分が臭くなっては目も当てられません。

体臭に気づいた時の対策を知っておきましょう。

どうしてプロテインで体臭が強まるの? ~プロテインと体臭の関係~

主な原因は過剰摂取ですが、指定の量を守っていても体臭が出てしまう人もいます。

原因はプロテインの主成分がたんぱく質だから。たんぱく質の摂りすぎや突然の増量は以下のようなプロセスで体臭に影響します。

たんぱく質は悪玉菌のエサ ~腸内環境の悪化がまねく体臭~

たんぱく質は腸に生息する悪玉菌の好物です。悪玉菌は余ったたんぱく質を分解して硫化水素などの悪臭成分を発生させます。

一定量を超えた悪臭成分は血液にのって全身をめぐり、汗などに混じって皮膚から排出されます。その結果、体臭が強まることがあります。

この場合は食物繊維や発酵食品を意識的に摂取して腸内環境を整えることで体臭が改善される可能性があります。

たんぱく質は汗腺を刺激する ~汗の増加がまねく体臭~

体にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があります。

エクリン腺から出る汗はほとんど純粋な水ですが、アポクリン腺から出る汗には脂質やたんぱく質が含まれています。それらの不純物を皮膚表面の常在菌が分解することで臭い成分が発生します。

一方、たんぱく質はアポクリン腺を刺激して汗の量を増やします。たんぱく質を含んだ汗の分泌量が増えれば、常在菌の活動が活発になり体臭が強まります。

この場合、制汗ケアを十分に行ない、プロテインの服用量を減量することで体臭が改善される可能性があります。

過剰なたんぱく質は肝臓・腎臓に負担をかける ~解毒機能の低下が生む体臭~

口から摂取されたたんぱく質は小腸でアミノ酸などに分解されてから肝臓に運ばれ、使用目的に合わせて加工されます。

一方、たんぱく質が分解されると毒性のあるアンモニアなどが発生しますが、それらを無毒化するのも肝臓の役目です。たんぱく質の摂取量が急に増えると肝臓が疲弊してこれらの処理が追いつきません。

また、余ったたんぱく質の排出に関わる腎臓にも負担がかかります。

肝臓と腎臓は有害物質の解毒役です。ですからこの2つの臓器が元気をなくすと体内に毒素が蓄積し、それらが汗や皮脂に混じって体臭を強めます。

この場合、アルコールやジャンクフードなど肝臓・腎臓に負担をかける食材をひかえ、同時に肝機能の回復をうながすタウリン、老廃物の排出をうながし腎機能の回復をうながすカリウムなどを意識的に摂取することで体臭が改善される可能性があります。

大豆由来のソイプロテインなら体臭への影響は小さい

プロテインには原料が動物性たんぱく質のものと植物性たんぱく質のものがあります。前者の代表は牛乳由来のホエイプロテインやカゼイプロテイン、後者の代表は大豆由来のソイプロテインです。

ソイプロテインは食物繊維が豊富で腸内環境を整える効果があるほか、糖質や脂質の含有量も少ないことから体臭への影響は動物系プロテインより小さいと言えます。

体臭が気になる人は切り替えてみてもいいでしょう。

他の栄養素は大丈夫?~プロテインと食生活の兼ね合い~

プロテインを服用中、あるいは服用を検討している人なら、おそらく健康増進や体づくりに関心があるはずです。そんな人がおちいりがちな落とし穴の1つが栄養素のかたよりです。下記のような場合、プロテインとの相乗効果で体臭が強まる危険があります。

ダイエットなどで糖質制限をしている

ダイエッターに嫌われがちな糖質は、じつは腸内の善玉菌の好物です。これを極端に制限すると腸内の善玉菌が減少します。プロテインの摂取で悪玉菌が増えたところに善玉菌まで減らしてしまっては腸内環境が悪化して体臭につながります。

体をしぼるために脂質制限をしている

健康に気を使う人は脂質も制限しがちです。けれども脂質制限は度がすぎれば便通を悪くします。便秘は腸の消化吸収機能をいちじるしく阻害し、せっかく摂取したプロテインも十分に活用されません。余ったプロテインは悪玉菌に分解されて体臭の原因を作ります。

そもそもタンパク質の摂取量が多い

食事だけでたんぱく質が足りている人にプロテインは不要です。肉類、魚介類、乳製品に卵など、日ごろからたんぱく質(特に動物性たんぱく質)の豊富な食材を好んで食べている人は、プロテインの服用がたんぱく質の過剰摂取をまねき体臭につながります。

プロテインにはもともと体臭を強める因子があります。それを抑制してくれる栄養素を排除してしまっては、体臭の発生率が高まってしまいます。プロテインだけに気をとられず、バランスのいい食生活という基本を守りましょう。

まとめ 服用目的と服用量とのバランスを見極めよう

プロテインで体臭を強くしないポイントは適量をオーバーしないこと、そして他の栄養素を極端にかたよらせないことです。

ハードな筋トレ後の筋肉の修復にプロテインを活用したい人と、ダイエット中の栄養バランスを整える目的でプロテインを飲む人では、そもそも必要量が違うのです。

服用目的と今の食生活の内容を吟味して、商品の表示だけをあてにせず正しい必要量を把握しましょう。また、どんな成分でも有効性には個人差があります。

たとえば牛乳を飲むとお腹をこわす人(乳糖不耐症と言います)では牛乳由来のプロテインが合わない可能性がありますし、生まれつき胃腸が弱い人では、そもそもプロテインを適切に消化吸収できないことがあります。

胃腸がダメージを受ければ体臭も強まりますから、心配な人は少量から様子を見て徐々に量を増やすこと。製法や含有成分は商品によって異なります。自分の体と服用目的に合ったプロテインを選ぶことが大事です。